スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ3やって思うこと。【めっちゃネタバレ】

・・・更新する気にならないまま、半年近く経過してたような。
久々に、チラシの裏をどばっとw

正直、今はFF11のことを書く気にはあんまりなってません。
FF14発表以降ヴァナ全体が低調な感じですし、
いろいろ忙しくてログイン機会も激減してますし。

そんな中で最近やってるのがペルソナ3ポータブル。
以前に出てたPS2版は、買ったものの仲間キャラのAIのお馬鹿さんぶりとか、
コミュとかのめんどくささであっという間に放置しちゃってたんですが、
いろいろ改善してリメイクってことで、改めてやってみました。

いや、AI外して全部手動だと、こんなにイライラしないものか、とかが第一の感想でしたがw
コミュにしても、やってみれば面白いもんです。

しかし、どうしても納得いかなかったのが、ラストバトル→エンディングの流れでした。
もっと言えば、既に出てるPS2の後日談シナリオであるP3FESを踏まえての話になりますが。
ここからが思いっきりネタバレになりますが、ペルソナ3の主人公、エンディングで死亡します。
本編自体ではそれなりにぼかしていますが、後日談シナリオでは明記されています。

以前裏LSでちらっとこの辺の話をしたときは、
「誰かが死んでそれで幸せになりました、というのは嫌い」と言いましたが、
考えてみると、一番納得いかないのはそこじゃありませんでした。

ペルソナ3のラストは、「避け得ない死」であるニュクスとの戦いです。
途中、そのニュクスの訪れにどう対応するか、という重大な選択があります。

すべて忘れて、何も知らないまま近く必ず来る滅びの時まで安楽に過ごすか、
「避け得ない死」が間近であっても、絶望に屈せず最後までそれに抗うか。

最後まで屈しない、その選択をすることで、最後の一ヶ月が幕を開けます。

その決意をもとに、人との絆に力を得て初めて、主人公はニュクスの前に立ちます。
それで選ぶのが、すべてを救う代償に命を終わらせることなんでしょうか?
絆を結んだ人たちの誰が、そんなことを望むでしょうか?

ゲームの中でも、戦いで頭が一杯ではダメ、日常であったり、進路であったりも同列に大切だと、
繰り返し述べられます。
それらをすべて反故にして、主人公を死なせる終わり方というのがどうも納得できませんでした。
それまでのコンセプトを無視し、無理矢理最後だけ悲劇にしてしまったようで。

・・・まあ、いろいろ書きましたが、ゲームとしてはすごく面白いんですよね-。
あ、でも何より。最後のイベントバトル・・・
死ぬ覚悟なんかいつの間にしたんだ主人公っ!!www

・・・あー、一番不満だったのここかも・・・w
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

んー、僕も多分そうじゃないかなーとは思うんですけどね。
それだと、FESのお話がまるっきり茶番になっちゃうんですよね・・・。
誤解で勝手に主人公を崇高化して、さっさと諦めてみんな新しい日常に行っちゃう話になる・・・。

・・・やっぱり、僕の中でFESは黒歴史かなw
マンドラゴラ時計。
プロフィール

すぺんさ~

Author:すぺんさ~
・突然飛んでくるスリプル注意。
・突然置かれる植木鉢も注意。
・かと思えば突然勝手に眠ってる本人にも注意。

ステータス?
Profile
最近のコメント
LSとかフレンドさんのページ
公式サイト
情報系サイト
一応カウンター。
管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。